回想録3

皆さん、今晩はKotaroです🌕

このブログを読んで頂いてるのは寝る前か朝ですかね🧐❓❣️寝る前の方、夜更かしし過ぎず早目にお休み下さいね。朝の方、素晴らしい1日になります様に😃❣️

本日は回想録としてアルゼンチン滞在中の第3話目です。

殆どの方は知らないと思うのですが、私達はアルゼンチンで2人だけの結婚式を挙げました(日本ではこらからで御座います)。その道のりは大変長く、日本に居る所から準備を始めました🏃‍♂️🏃‍♀️

自分が昔教えさせて頂いていた生徒さんがアルゼンチン出身で、そのご家族がアルゼンチンのラプラタにいらっしゃるという事で連絡して頂き式の調整等を行いました🧐🔥

現地到着後に色々手伝って頂いたのはお姉様で式のコーラスの手配からケーキの準備、Ayakaさんのヘアメイクまで色々やって頂きました🙏❤️

式当日も様々なサプライズが有りました。

まずは野犬です🐕これは本当に危ないと思うので皆さん気をつけて欲しいのですが、アルゼンチンの田舎には野犬が大変多く、私達が教会に近づくと野犬が1匹や2匹では無く10-15匹程私達を取り囲んで来たのです。犬は大好きですが、そのあまりの野生さに闘う覚悟を決めた程でした🤔

しかし、お姉さんは「優しい目をしてれば大丈夫よー、動物は分かるから」との事🧐💦本当かなー、と思いながらもこちらが大人しくしていると犬達も大人しく周りで寝転び始めたのです🐶その中に白い犬がいたので「可愛いですね」と言うと、「あの子は噛むのよー」との事。噛むんですかっ、、、😭❤️💦

野犬から逃げ切り牧師さんと式の打ち合わせ、当日のスケジュールを話し合い何とか式までこぎつけました😎💦

ちなみに、このラプラタの教会は私達が滞在していたパレルモから1時間程、高速道路を走った先に有り、他の車を煽りながら走るウーバーは迫力満点でした💯💦Ayakaさんは余りの怖さに「死ぬかと思った」そうです。

そんなこんなで、式を迎えたのですが、大問題が。2人共、スペイン語が分からないので、式の内容が全く分からなかったのです。唯一分かったのは「キスして」と「コーラスのワルツでタンゴを踊って」でした😅🍾

式は静かにやるつもりでしたが、コーラスの方々や地元の方、観光客の方々が式場を埋めつくし、非常に賑やかに執り行われました。

コーラスの方々も、式の手配を手伝ってくれた方々も非常に優しく、大変心が温かくなった経験でした。

アルゼンチンの結婚式で得たものは、感謝の気持ちと度胸とパートナーシップの強さだった気がします。。。